洪水浸水想定区域と土砂災害警戒区域を一元化した洪水ハザードマップの作成(平成29年7月)

平成28年の鬼怒川堤防の決壊は、水害への防災意識が高まりました。 多摩川、野川、仙川など河川が多い地域に住む住民から集中豪雨時の不安な声が届きました。世田谷区内にも、土砂災害警戒区域があります。水害と土砂災害は、 集中豪雨などの際に同時に発生する可能性が高いことが分かっています。 双方の情報を一元化した洪水ハザードマップを作成し、区民に分かり易い情報提供で、適切な避難行動に繋げることを議会で提案し、実現致しました。

(平成29年7月)