世田谷区議会議員の福田たえ美です。
  
  世田谷区・不登校特例校分教室
  令和4年4月1日開設予定です。
 
  入室を検討されてる小学校6年生、
  中学校1・2年生の保護者の皆さまに
  向けて説明会が開催されました。
  (8月22、23日)
  
  ご報告させて頂きます。
 

     ⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
 『世田谷区不登校特例校について』
 
 開設予定日
  令和4年4月1日
 開設場所
  現在の教育センター(世田谷区弦巻3-16-8)
  

  
 利用人数
   30〜50名
   ※通常の学校の規模と比較しても、
    少人数ですので一人一人に寄り添う
    教育が可能になると思います。

 授業体制
   授業の総時間数は、
   通常学級より短縮も可能なため
   ゆとりある総授業時間数を検討。

 登校時間
   午前9時〜午後3時40分

 入室対象生徒
   令和4年4月1日に中学1〜3年生

   30日以上欠席の不登校もしくは
   不登校傾向のある生徒
 
   世田谷区不登校特例校分教室入隊室
   検討委員会が入室を認めた生徒

    ⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
 申し込み
  期日
   令和3年9月1日〜30日
  連絡先
   不登校相談窓口 
   03-3429-0411

   ⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
 両日共に、
 保護者の方から多くの質問が出ていました。

 新しい仕組みの不登校特例校を
 イメージが出来ない。

 私も、保護者の方と同じでした。
 
 調布市第七中学校の不登校特例校分教室を
 視察して初めてイメージができました。

 生徒数に応じた教職員の配置。
 不登校特例校分教室ならではの
 授業があります。
 劇団に依頼し表現力を高める授業です。

 生徒たちに必要な科目が組み込まれます。

 そんなところが、
 特徴的なのかもしれませんね。

    ⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
 ほっとスクールと比較してみると・・・
  
 不登校特例校
  ①学校教育法上の学校
 
  ②教育課程に基づく教科始動
   (少人数教育もしくは個人対応)

  ③正規の教員を東京都が配置

 ほっとスクール
  ①教育支援センター(学校外の公的施設)

  ②小集団活動・個別学習

  ③区職員・委託事業者職員
   (教員免許のあるスタッフも配置)


   ⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

 🍀8月22、23日の説明会の動画は、
  後日、世田谷区のホームページに
  アップされます。


最後までお読みいただき、

ありがとうございました。


世田谷区議会議員     福田たえみ(妙美)

{1A2483A9-2277-41FD-BC95-A411CA3590FB}


最後に、ここをポチっとしていただけると有難いです。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


 ⚫︎福田たえみHP

https://fukuda-taemi.com/

 ⚫︎福田たえみtwitter

https://twitter.com/fukuda_taemi