世田谷区議会議員の福田たえみ(妙美)


公明党

多摩川流域治水対策プロジェクトチームで、

小河内貯水池を視察。



9月14日

電車とバスを利用して約2時間30分。

世田谷区から

多摩川上流の小河内貯水池に到着。


私たちの命の水を供給してくれる

東京都の貴重な水源「小河内貯水池」。


大正15年からダム建設の計画がスタート。


昭和32年に完成。


ダム建設にあたり

多くの住民の移転と犠牲になった方が

いることを忘れてはならい。

蛇口から出る水に、

より一層の感謝の気持ちが湧いてきます。


本日、

洪水対策とダムについて現場で、

お話しを伺わせて頂きました。

令和元年台風19号では、

多摩川の中〜下流部で氾濫危険水位を超え

世田谷区の二子玉川では溢水氾濫。


多摩川上流にある小河内貯水池(ダム)を

洪水の調節に活用することになりました。


令和2年5月27日

関東地方整備局と多摩川水系など7つの水系と「治水協定を締結」。


治水協定では、

大雨のとき(基準降雨量450mm/48時間)

水害対策のためダムの水を事前放流すること。

多摩川水系では、19.2%(3558万m 3)。


事前放流ガイドラインに基づいて