福田たえみ です。

昨日より、平成24年第2回定例会
がスタートしました。

保坂区長の所信表明。

続いて、各会派の代表質問。

トップに公明党で、高橋幹事長が代表質問致しました。

14日、本日午後に私が一般質問をさせて頂きました。

今回の質問は、「がん検診について 」と 「うつ病対策について」です。

この2点とも、区民の方々からご相談を受けていた内容です。

がん検診は、受診環境整備についてです。
その中でも、家庭や社会で働き盛りの45歳女性が発症ピークの乳がん検診。

この検診の3日通院法を短縮し受診改善を求めました。
これは、40代の娘さんを乳がんで亡くされたご両親からの切なる思いです。
早期発見で生命を守って欲しいとラブラブ

次に、うつ病対策です。
薬物療法との併用で治療効果を出している認知行動療法を取り上げました。

公明党により、保険適用が実現。
今年度からは、専門医療スタッフの育成に国家予算が付き、センター開設など環境が整備されています。

世田谷区の保健師などに認知行動療法の学習機会を作り、対応のさらなる充実など求めて参りました。

一歩づつでも、前進出来る様に頑張って参りますパンチ!