福田たえみ です。

本日の公明新聞2面に、竹谷とし子参議院議員の27日の参院財政金融委員会での質問が掲載されていました。

「空き家対策」
「相続税納税猶予制度」拡大
「終身営農」の基準緩和
委員会で求めて行きました。

空き家は、全国に757万戸まで増加。
地震、台風、豪雪による倒壊を懸念。

防災、減災の観点から地域安全確保のため所有者に除却、改修命令出来る建築基準法上の基準を明確にすることを求めました。

防災機能果たす都市農地の相続税納税猶予制度を農地と離れた農地用倉庫や農作業場にも適用拡大を要請。

また、猶予の条件に「終身営農」の基準緩和を求めました。

実は、空き家対策、農地保全については、公明党世田谷区議団も議会で取り上げてきました。

23区の中でも、農地豊かな世田谷区は、しっかり農地保全の意識を持って対策をしなければ減少の一途をたどります🍃

ところで、竹谷とし子参議院議員は、私と2歳差で年齢が近く、立候補の時期もあまり変わらないため親近感を感じてます💗

女性議員として、力合わせて頑張って参ります😄