平成28年 第4回定例会

複数災害発生時の避難行動の啓発

質問

水害と土砂災害は集中豪雨などの際に同時に発生する可能性が高い。双方の情報を一元化したハザードマップを作成し、区民に適切な避難行動を啓発すべきです。

答弁

住民の声を聞き災害への意識が高まるマップの作成に努める。

多摩川の水害対策の丁寧な説明

質問

国の新たな多摩川洪水浸水想定区域を反映した洪水ハザードマップを区は作成予定です。

対象地域の住民にマップを配付した後に、地域特性を踏まえて説明会を行うべきです。

答弁

多様な機会を捉えて説明を行うなど水害への意識向上を図る。

若年がん患者への支援強化

質問

若年のがん患者への公的支援は限られており、治療費などの経済的負担は大きいです。

特に末期がん患者の在宅生活支援に向けて、訪問介護の利用などへの助成を行うべきです。

答弁

若年の患者のターミナルケア支援とともに包括的に検討する。

録画映像はこちら PDFはこちら