世田谷区議会議員の福田たえみ(妙美)です。


「 本気で、地域の健康を!」


医療の向上も伴って、

長寿の時代になりましたね。

避けれないのが、加齢に伴う身体の変化。

「ぴんぴんころりん」は、

多くの人が願うところ。


その為には、

日頃からの努力(筋力アップの体操など)と継続。


それが、難しいんですよね。


世田谷区は、人口約90万人。

65歳以上は、約20%の約1万8千人。

その内、

約3万8千人が要介護認定を受けています。


この10年の世田谷区のデータを見ると

認定者数は、1.4倍増。

介護保険料は、1.46倍。

介護給付費は、1.6倍増。


今後は、短期間で更にこれらの数が、

増えると予測されています。


これは、何とかしないと!


そこで、住民主体の介護予防事業で結果を

出している大阪府大東市に会派で視察に

行って参りました。

{9B5A55C2-AFB0-4019-8673-759D04F910D6}
大東市保健医療部高齢介護室兼地方創生局・
課長参事・理学療法士の逢坂伸子さんにお話しを伺いました。
行政からの補助金無しで、
住民主体の活動で介護予防に繋げています。

「大東元気でまっせ体操」

市内114ヶ所、2200名参加。
年に2回の体力測定が、
モチベーションを上げています。
4年前より若返った結果は、
本人のみならず、関わった人たちも喜びに。
体操継続者と未体操者で医療費にも、
差が出てきていました。
「虚弱者が元気になる地域づくり」
率先して参加しない虚弱者に、
参加者がアプローチすることで参加率アップ。
地域の人との支え合いも生まれてきています。
「生活サポート事業」
家事援助、生活支援を30分以内なら250円。
謝礼金か時間貯金が出来ます。
生活サポーターは、567人。
大学生も、登録してくれているそうです。
社会全体で、支える仕組みです。
{092FBC8A-5C0F-4FCB-B4E7-2735340D9A4D}
大変勉強になりました!
視察のご協力いただき、
ありがとうございました。


最後までお読みいただき、

ありがとうございました〈(_ _)〉

 

世田谷区議会議員     福田たえみ(妙美)


 ⚫︎福田たえみHP

https://fukuda-taemi.com/

 ⚫︎福田たえみtwitter

https://twitter.com/fukuda_taemi

 最後に、ここをポチっとしていただけると有難いです。

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村