福田  たえみ です。

11月14日は、世界糖尿病デー。
今年は、10周年を迎えました。
年々増加する糖尿病の脅威に、世界で力を合わせて予防に一歩踏み出す日でもあります。
11月14日は、インスリン(膵臓から分泌されるホルモンで、血中の糖を抑制します)を発見したカナダのバンティング博士の誕生日。

よって、11月14日が世界糖尿病デーとなったそうです。

糖尿病人口は、世界で約4億人。
日本では、糖尿病疑いのある人も含めて
約2千万人!

実は、アジア人に糖尿病が急増しています。

食事の欧米化が、アジア人には糖尿病を発症する要因となってます。

病院勤務時に、糖尿病の合併症を目の当たりにしました。

失明、下肢切断、人工透析。

しかし、
糖尿病は、血糖コントロールをしていけば
合併症をほぼ防ぐことが出来ると言われています。

食事や運動などの生活習慣の工夫ですね。

症状が出る前に、健康診断など血液検査で、自分の体の状態を知ることが大切です。

是非、自身の体を知って、生活習慣の見直しで健康を維持して欲しいものです。

{EBA116C5-B3AB-4180-B397-FDBC7D823BDF}