世田谷区議会議員の福田たえみ(妙美)です。

 

「昭和20年代にタイムスリップ!

   地域と人を繋ぎ続ける河童が現れた!」

 

多摩川を挟んで、

川崎市と世田谷区には同じ地名があります。

 

その一つに、宇奈根があります。

 

この宇奈根の地で、

時を超えて新たな交流がスタートしました。

 

それが・・・ 「宇奈根の渡し」です。

 

1950年(昭和25年)に橋が建設される以前は、

川崎市宇奈根と世田谷区宇奈根の往来に、

活躍していました。

 

「宇奈根の渡し」が、

喜多見児童館のイベントとして2014年に復活。

 

これがご縁となり、

川崎市と世田谷区の包括協定が締結されました。

 

更に、

本年5月に来日された姉妹都市の

オーストラリア・バンバリー市長御一行を

おもてなし。

 

世界を繋ぐ「宇奈根の渡し」で活躍したのが

「喜多見丸」です。

 

地元の鈴木光吉さんが、

6ヶ月以上掛けて作成して下さいました。

鎌田区民センターの1階ロビーに、

9月16日まで展示されています。

 

河童ちゃんがロビーで、

お出迎えしてくれますよ😃

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございます😊

 

世田谷区議会議員

福田たえみ(妙美)