議会質問 | 公明党世田谷区議会議員 オフィシャルサイト

議会質問

福田たえみの区議会定例会の質問内容を掲載しています。詳しくは世田谷区議会のホームページでもご覧いただけます。
また、区議会のインターネット中継もご利用下さい。

平成29年 予算特別委員会

福祉保健委員会所管

かかりつけ薬局や国の認定を受けた健康サポート薬局と連携した区民の健康づくりについて

子育ての相談支援の充実に向けた取り組みについて

おたふく風邪などの任意の予防接種の啓発について

質問の詳細はこちら 録画映像はこちら

都市整備委員会所管

民間賃貸住宅の活用も視野に入れた高齢者の住まい確保について

二子玉川駅周辺における駐輪場の増設について

バス停へのベンチ設置の推進について

質問の詳細はこちら 録画映像はこちら

平成28年 第4回定例会

複数災害発生時の避難行動の啓発

質問

水害と土砂災害は集中豪雨などの際に同時に発生する可能性が高い。双方の情報を一元化したハザードマップを作成し、区民に適切な避難行動を啓発すべきです。

答弁

住民の声を聞き災害への意識が高まるマップの作成に努める。

多摩川の水害対策の丁寧な説明

質問

国の新たな多摩川洪水浸水想定区域を反映した洪水ハザードマップを区は作成予定です。

対象地域の住民にマップを配付した後に、地域特性を踏まえて説明会を行うべきです。

答弁

多様な機会を捉えて説明を行うなど水害への意識向上を図る。

若年がん患者への支援強化

質問

若年のがん患者への公的支援は限られており、治療費などの経済的負担は大きいです。

特に末期がん患者の在宅生活支援に向けて、訪問介護の利用などへの助成を行うべきです。

答弁

若年の患者のターミナルケア支援とともに包括的に検討する。

質問の詳細はこちら 録画映像はこちら

平成28年 決算特別委員会

企画総務委員会所管

本庁舎や支所、まちづくりセンターにおける非常用電源の確保について

男女共同参画の視点に立った災害対策の推進について

簡易水道消火器具の活用による初期消火体制の強化について

質問の詳細はこちら 録画映像はこちら

文教委員会所管

河川沿いの区立校における水害を想定した防災教育の推進について

インターネット犯罪から子どもを守るための情報モラルの啓発強化について

質問の詳細はこちら 録画映像はこちら

平成28年 第3回定例会

インクルーシブ教育の推進

質問

障害の有無に関わらず一緒に学ぶインクルーシブ教育を推進するためには、教員の特別支援教育への理解が重要です。教員への研修を充実し、理解促進を図るべきです。

答弁

新教育センターの中で教育課題を学べる体制づくりを目指す。

避難行動要支援者への支援の強化

質問

熊本地震の際には避難行動要支援者の被害が相次ぎ、事前準備の重要性が明白となった。

区は、地域での協力体制の構築を支援し、個別の支援計画の作成も進めることを求めます。

答弁

個別支援カードなど情報を一元的に備える方策を検討する。

区内農家の害獣対策への支援

質問

区内の内でハクビシンなどに農作物が食べ荒らされる被害が増えている。捕獲後の処理費用が高額であるなど農家の負担は重いため、早急に支援策を講じよ。

答弁

区内農協などと連携し、実効性ある対応策を検討していく。

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

平成28年 予算特別委員会

区民生活委員会所管

災害時要援護者支援事業について

小型家電リサイクルと循環型社会の推進について

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

福祉保健委員会

災害時要援護者支援事業について

潜在看護師の復職支援について

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

平成28年 第1回定例会

多摩川河川敷での安全対策の強化

質問

再開発に伴い二子玉川の魅力が高まっており、多摩川河川敷への来訪者の増加も予測される。水難事故防止の観点から、特に子どもの安全対策に全力で取り組むことを求めます。

答弁

地域などと連携し、さらなる子どもの安全確保に努める。

避難行動要支援者への支援の強化

質問

法改正に伴い、避難行動要支援者に係る名簿は災害時などに避難支援者に提供可能となりました。支援の実効性を高めるため、名簿をもとに個別の支援計画の作成を進めることを求めます。

答弁

計画を作成する際の課題について具体的な対応策を検討する。

戦略的な防犯対策の推進

質問

子どもへの犯罪が増えており対策が急務であります。地域や警察との連携を強化して犯罪の発生率が高い時間帯や場所に効果的に取り組むことを求めます。

答弁

警察との連絡会を活用し戦略的な取り組みの実施を検討する。

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

平成27年 第4回定例会

姉妹都市交流発展への取り組み

質問

2020年東京五輪を機に、スポーツを初め、文化や芸術、産業などの各分野において姉妹都市交流発展への可能性を探るべきです。専門部署を設け、総合的な対応を求めます。

答弁

多岐にわたる課題解決に向け総合的視点での体制を組みたい。

殿山横穴墓群を通じた歴史の継承

質問

殿山横穴墓群の出土は、区民が歴史をじかに学ぶ絶好の契機となる。外環道の上部利用に際し、区民が身近に遺跡などについて学べる環境の整備を事業者に求めよ。

答弁

遺跡活用の場として利用する方針が定まれば、働きかける。

子育て世代のイベント参加の支援

質問

子育て世代が安心してイベントなどに参加できる環境の整備は重要です。屋外イベントなど実施する際に、授乳やおむつがえに利用できるテントを配備すべきです。

答弁

他自治体の例を参考に世田谷らしい支援のあり方を検討する。

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

平成27年 決算特別委員会

企画総務委員会所管

選挙公報について

公金運用について

公共施設のマネジメントについて

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

福祉保健委員会所管

生活習慣病予防対策について

子宮頸がん対策について

高齢者の見守りについて

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

文教委員会所管

ユニバ-サルデザイン環境の整備について

児童・生徒の生活習慣病対策について

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

平成27年 第2回定例会

総合福祉センター利用者への支援

質問

総合福祉センターのグループ訓練は兄弟の同伴ができず、預け先もないため利用を断念する人がいる。センターで保育サービスを行うなど、支援体制を整備すべきです。

答弁

個々のニ-ズを把握し訓練が受けられるよう柔軟に対応する。

在宅医療推進に向けた体制の構築

質問

高齢化が進む中、在宅医療の推進に向けた体制の構築が急務です。身近な場所で医療に関する相談を気楽に行えて、医療的なサポートも受けられる拠点の整備を求めます。

答弁

相談窓口としてあんしんすこやかセンターの体制を強化する。

胃がん検診の充実

質問

国立がんセンターは胃がん検診について、新たに胃内視鏡検査を自治体などが行う対策型検診とすて推奨することを提言した。区は胃内視鏡検査を導入すべきです。

答弁

国の指針に追加された場合には、実施する方向で検討する。

質問の詳細はこちら録画映像はこちら

Page 1 / 412»

トップコンテンツ右

公明党
世田谷区議会控室

〒154-8504
世田谷区世田谷4-21-27

TEL.03-5432-2788
FAX.03-3413-7233
ご相談は
福田たえみ区政だより
PAGETOP